topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <本編その2>  - 2017.04.26 Wed



 山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいふ 

皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
こんにちは、小さな幸せ探ししているとまとです。
訳の分からないスタートですが、フト頭をよぎって調べたらこんなの出てきました。

関西吟遊詩文協会

で曲付きの詩吟風に浪々と歌ってくれます。うむ、なかなか深いです。
ちょっと、暇すぎました。





さて、いよいよ2500kmバスの旅 (アメリカ西部)本編第2段です。
きっともう、飽きてきましたよね。 連休にね、チャッチャと片付けましょう!
はい、最後までお付き合いくださいね。

前回は3日目までで、4日目から行きます。
ツアーにありがちな早朝出発、朝の弱いとまとは朝食ギリギリ、1口2口入れて
バス乗車、珍しく15分で到着。 え?!でした。

アンテロープキャニオン到着!

アンテロープC


大型バスでは行けないので、バギーのようなジープのような車に乗り換えます。
幸い風もなく、寒くも暑くもない観光日和でしたので、砂埃で苦しむことはありませんでした。
メチャクチャ振動する荒地(砂漠)を走り抜けて行くので、夏や冬はこりゃ大変と思いました。


アンテロープC2


何でもない岩間(洞窟)に現地ガイド(ネイティブアメリカン)さんが懇切丁寧に説明下さいます。
「へぇ~」 とか、 「は~」 とか言いながら耳を傾けます・・・。


アンテロープC3


アンテロープC4


反応がイマイチだと、ガイドさんがしびれを切らしてカメラを取り上げて撮影してくれます。
するとどうでしょう? プロの写真のように美しい縞模様と、陽光に照らされた怪しげな
フォルムが浮き出ます。


アンテロープC7


アンテロープC8


まぁ、同じ写真を撮っても明らかにプロと素人の差が出て、この景観の
素晴らしさを伝えることができません。 私の実力と安物カメラじゃ無理です。


アンテロープC5


というわけで、色々こじつけのフォルムの名前を聞きましたが、さっぱり
覚えていません。写真と名前が???
まぁ、水と風と岩の浸食によって出来た自然美ってことで。 ( ̄^ ̄)ゞ


次、行きましょう! (+_+)\(ーー;)


次はザイオン国立公園です。

大型駐車場で公共バスに乗り換えて、サイオン国立公園入口まで行きます。一般の車もここまでは
入ってこれません。ツアーであれ一般であれ、皆このバスに同乗してロッジまで運ばれて行きます。


Zion3.jpg


Zion.jpg


Zion2_20170430193622864.jpg

Zion5.jpg


とても良い天気で、公園内を散策するには最高のお日和でした。
高地なので吹く風も爽やかです。 自由散策時間に主人と二人でワインで一息。
なんだかとってもオシャレです。 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ


Zion6.jpg


西部と言ったらサボテンですけど、 不思議なくらいに場所場所で種類が違ってました。
ここではこの平べったいサボテン。 モニュメントバレーの途中では、まさに西部劇に出てくる
これ ➡  ですね。 みんな厳しい環境で頑張ってます。


Zion4.jpg


さて、その後は一路ラスベガスへ~。
見て見て!来ましたよ~。 いかにも成金趣味のビカビカ、キンキラキンのトランプタワー。
言わずと知れた米国第45代トランプ大統領の不動産王としての原点。



LasV1.jpg


ラスベガスのホテルはそれぞれテーマがあって、個性(?)に溢れて凄いです。
でも、まぁ、かな~りキッチュな違和感がしないでもないです。
突然ピラミッドとか、おもちゃばりのお城とか、エセ・ニューヨークだったり。


LasV4.jpg


私達の宿泊したのは、そのピラミッド宜しくの、ルクソールホテル。
いやぁ、ホテルの外や内にスフィンクスいたり・・・。
た、楽しいですけどね。 (;^_^A アセアセ…

その他沢山の見どころ、遊びどころの多いラスベガス。
私達は既に書きましたが、クリス・エンジェルのイリュージョン(マジックショー)を
楽しみましたが、ショーも多いのでそれを目指して見える方も多いとか。

更に詳しい情報を確認されたい場合は以下のサイトをご利用ください。

まるごとラスベガス



LasV2.jpg

LasV3.jpg


部屋の中はとてもデラックス。きっと気分よく滞在してお金をたんまり落としていってくれることを
期待しているのでしょう。

ギャンブルしたかって?! (*´艸`*)  うふふ。

たった$2で2回しかスロットル回していませんが、$10になったので、それで満足して辞めました。
主人が隣でビビりまくりで、
「こういうのはね、ちゃーんと防犯カメラで見ててね、いかにも初心者には

  ビギナーズラック

出るようになってるの!」

と言って、私を嗜めるのです。やりはしませんよ。賭け事は株で損して懲りたから。

あれ? 株って賭け事じゃないけど、直ぐに結果が出るという意味では似たようなものかしら?
いやはや、日本でもギャンブル合法化するらしいですが、依存症でこの町を抜け出せない人、
いるらしいですよ。お気を付けください。


0430.jpg


ですね。さぁ、次回はいよいよ最後です。
長々お付き合い下さいまして、有難うございます。
なるべく早く更新しますね。 (ゴールデンウィーク中?)

では、またね。

スポンサーサイト

2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <本編その1>  - 2017.04.23 Sun

やっと本編着手ののんびりとまとです、こんにちは。

そろそろなんか書いているんじゃないか?ってご訪問下さった方、有難うございます。
えぇ、こんなに良いお天気だったのに自宅引きこもりでやっと重い腰をあげて書いてます。
待ってて下さいね。ガシガシ書きますよぉ。
もぅ、ほとんど忘れちゃったけど・・・。 

 o(`ω´ )/(。-_-。)-☆


******************************


さて、今回の行程のおさらいから。

1日目 サンフランシスコ → フェニックス → JAL0002便 
2日目 ホテル → グランドキャニオン観光 → ページ (ホテル泊) (570km)
3日目 ホテル → レイクパウエル(ホースシューベント観光) → モニュメントバレー観光
     → ページ (400km)         
4日目 ホテル → アンテロープキャニオン観光 → ザイオン国立公園観光 → ラスベガス   
      → 噴水ショー見学  → ホテル泊 (495km)
5日目 ホテル → デスバレー観光 → ラスベガス ホテルにてマジックショー見学 →  
      → ホテル宿泊 (400km)
6日目 ホテル → ルート66 → セドナ観光  → フェニックス泊 (650km)
7日目 ホテル → フェニックス → サンフランシスコ 
8日目      → 成田へ帰国 (JAL001便)

でした。 しめて 2,515km走破 体力勝負!ですね。
(・・・ ドライバーさんが)

機内


帰路



いえ、ほんとに大丈夫か?と思ったのですけど、下の写真に見るような大型バスでした。
催行可能人数ぎりぎりの16人に1台でしたので全然余裕でした。一人が1列(4席)使えるし、
本当にトイレ休憩も含め、見どころ満載のツアーだったので若くない私達でも十分楽ちんでした。
ありがたや~。


DeathV4.jpg


さて、まずはフェニックスでのホテル、ホリデーインです。 デラックスさはないですが、
機能的ですっきりしたデザインで、旅の疲れを取るには十分です。ツインでゆっくり休めました。


Fenix.jpg

Fenix2.jpg


★ さて、お次は観光地の写真を一気に行きますね。まずはグランドキャニオンです。


GrandC1.jpg

夫婦で記念写真に納まりました。パシャリ!


GrandC3.jpg

GrandC2.jpg


やはりこういう自然は、スケールは日本にはないですね。 
どうしてこんな自然の造形が出来るんだろうかと、地質学者でなくても考えてしまいます。
自然は偉大だ!



次はページです。 どこもかしこも乾燥した荒野です。よくぞこんな荒れ地を開拓民は
わずかな装備で、旅したものです。


Page2.jpg

Page3.jpg


国立公園内のブライトエンジェルロッジの近くには、旅行者のおやつを狙って、野生のリスも
出現しました。



Page4.jpg



シマリスを飼っていた私たちにとっては、やっぱりシマリスが可愛く感じてしまいます。
ちゃんと食べてる?


Page5.jpg



★ ★  翌日はホースシューベント(馬蹄形に蛇行したコロラド川)の見学です。


ホースシューベント4


何でもない、普通の台地のように見えます。 テクテクテク・・・ 歩くこと15分 (約1km)突然現れます。


ホースシューベント


これまた絶景です。 足が竦むような・・・。 中国人の観光客の皆さんは大胆なポーズで
思いっきり端っこに行って記念写真を撮ってます


ホースシューベント3


ホースシューベント2


私達は、明らかにへっぴり腰です。 夫はかなり笑われてました。
でも、毎年数人落下してしまうそうです。 自己責任と言われましたが、
自然を甘く見てはいけません。


さて、お次は誰でも西部というと頭に浮かぶ、あの風景ですよ。 
「モニュメントバレー」ですね。


モニュメントバレー2


モニュメントバレー3


夫が絶景ポイントで騒いでいますが、聞こえません。
最高の絵となると思っているかもしれませんが、しょせん誰だか分かりません。
貴方は自然の中では、単なるありんこさん並みです。


Page.jpg

道中、スキーリゾートになるという山も遠目に眺めました。
なんと、雪が結構降ってきたりで、天候がくるくる変わりビックリです。
砂漠地帯かと思えば、険しい山岳地帯になり、自然の厳しさを教えてくれます。

全体像を見るのであれば、ぜひこちらをご参考下さい。

モニュメントバレー




0423.jpg


もったいぶっているのではなく、もう疲れてしまいましたので、今晩はここまでで許してね。
では、またね。 (*´ω`)┛



2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <食事編その2>  - 2017.04.15 Sat

書く書くと言ってやっぱり1週間たっちゃった、誰にも期待されていないとまとです、こんんちは。
どなたか見ていて下さるんですかね? もし、こんなブログでも楽しみにして下さる方がいたら
筆が遅くて済みません。

さて、前回の続きです。 
そもそもなぜ2500kmのバス旅行なんてハードなものを選択したのかは、
実は想定外だったのです。開けてびっくりバスの旅。
あまりに無頓着な、日程中心で申し込んだというオチでした。

きっと若い人が多い、ハンバーガーばっかりのツアーかな?と
普段の運動不足を心配しながらの参加でした。

前置きはさておき、ハンバーガーばっかりではありませんでしたよ。
食事はほぼ全部付いていたので、自分たちで食べなければならないのは
3~4回ぐらい。だから意外と私たちが選んだものの写真はありません。
お任せでしたが、どれも美味しく頂きました。ツアーのスタッフのチョイスはグー!
でしたね。


さて、初日の夕食は疲れていて、なんだか何を食べたのか?
各自となっていたので、ホテルでの簡単な夕食を取った気が・・・。
のっけから写真なしです。

ツアーって朝が早いのですよね。朝食も簡単なビュッフェだったので再びパス。
と言うわけで、昼食からです。

グランドキャニオンの雄大な景観を堪能した後、お決まりのグランドキャニオンビール!

grandC_beer.jpg


そして、お決まりのハンバーガ!とフライドポテトどっさり!!


昼食2


夕食はホテルに到着前にレストランで。 サラダ、お魚のムニエル、チョコレートケーキです。


夕食1


夕食2


夕食3


ま、アメリカの食事は期待していませんでしたが、普通においしく頂きました。
繊細さはありませんけれど、日本人にはなじみのある味ですよね。



3日目も同じホテルだったので、朝食はビュッフェで写真なしです。
ツアーは朝食ゆっくりなんて頂いておれません。だからかき込むようにパンとコーヒと
軽くベーコンとスクランブルエッグ程度。写すほどのものではありません。


お昼はコロラド川のホースシューベント(馬蹄形の蛇行した絶壁)を観光した後、レストランで。
ネイティブアメリカン(先住民族)の伝統の味、「ナバホ料理」なるものです。


夕食5


見た目サラダのようですが、下にパン生地とチリソースのひき肉が入っていてそれなりに美味しいです。
でも、どうやっても上手に食べられない。ナイフとフォークでも悲惨に散らかりました。


そのあとモニュメントバレーを見学し、レストランで夕食後ホテルに戻りました。


夕食7


おっと、なんとサラダだけで、メインもデザートも撮り忘れです。お疲れだったんですね。
ここまで既に1,170km走破してます。 いや、ドライバーさんご苦労様です。


で、案の定朝食は写真ありません。写すほどのものは無いですし。
バスで15分のアンテロープキャニオンへ。その後200km走ってサイオン国立公園へ。
そこでレストランで食事です。

ハイ! 当然のこと、ハンバーガーにポテトチップスです。
こうなったらビールやワイン飲めれば幸せです。
ジューシーでとってもおいしいハンバーガでした。 
ハンバーガー堪能してますよ~~!


昼食1


更に280km走りついにラスベガスへ。
ラスベガスの宿泊は

LasV9.jpg

忽然と現れたピラミッドのルクソールです。詳しくは次回に。
で、そこでの夕食はビュッフェです。すごい種類と広さに圧倒され、メチャクチャ食べました。
でも、気づいたら取っていた写真はこれだけ。はぁ~!!


夕食6


さて、気を取り直して。
翌日はモーニングコールに油断して朝食抜きになってしまいました。
また写真なし。

再び200km走行してデスバレー国立公園を観光しお昼はバスの中でお弁当
(本当に日本の幕の内弁当)でした。嬉しい日本食に食べてしまってから
写真ハタと気づく情けなさ。 幕の内弁当をご想像下さい。

更に夕食はルクソールの中のイル―ジョン
「Criss Angel MindFreak Live」を見に行ったので
これまたカフェで軽くすまし写真なしです。


sweet.jpg


で、これはショーを見終わった後、お口直しにデザートを自分で作るヨーグルトスタンドで。
トッピングを色々選べて(自分で入れて)重さを測ってお支払いするんです。
ちょっと面白かったです。 お値段は$6ぐらい。リーソナブルですね。


さて、朝食またパスでサンドイッチを買ってバスに乗り込み450km走ってセドナです。
途中レストランで、またまたハンバーグ。 私はチキン。


昼食3


昼食4



そして最後の夜のレストランの食事、あろうことか、1枚だけ。やってしまいましたよ。
今や内容も思い出せない。何だったかしら?ステーキだったかな?
ま、アメリカですから、がっつり頂きました。


昼食5


最後は機内食です。実は帰路の夕食を撮り忘れ、朝食のみです。

朝食2


やっぱり日本食はお魚じゃなくっちゃ! ごはんが炊き立てでとってもおいしくて、
それだけで幸せな気分になりました。
やれやれ、この膨満食事のお陰で、2.5㎏も太ってしまいました。
今、ダイエットに日々励んでおります。


お忘れ?


大丈夫よん! いっつも君のこと気にかけていたから~。 
次回は観光した場所のあれこれです。 では、また。


2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <食事編その1> - 2017.04.09 Sun

桜がやっと咲きそろったと思ったら、もう雨で花見をし損ねたとまとです、こんにちは。
んー、まったく容赦ないお天気なんだから。
皆様は花見に行かれましたか? 肌寒い日が多かったので風邪などひきませんでした?


さて、お約束のアメリカ西部周遊の旅8日間、観光ツアーの始まり始まり~です!





とまとは観光ツアーで夫と海外旅行をしたのは初めてです。
出張で海外に出掛けることが多いので、とまとはもっぱらその便乗ばかり。
現地ツアーを楽しむことはありますが、気難しい夫が果たして長期間いい子で
添乗員さんの言うことを聞いてくれるのかいささか不安でした。
女性はすぐに打ち解けられても、殿方はなかなか馴染めないものですよね。


でも結論から言えば、大正解でした!!
ツアーコンダクターの方は本当に行き届いていましたし、参加された皆様が
良い方ばかりで、とても楽しく、そしてコストパフォーマンスが抜群でした!!
本当に、こんなに至れり尽くせりで、「てるみクラブ」みたいなことは
ありませんよね? ほんとに元は取れているのか心配になりました。


クラブツーリズム最高でした!


ご同行の皆様、そしてスタッフの皆様、お世話になりました。有難うございました。


さて、アメリカ西部周遊旅行、実はとまとはアメリカ苦手です。
銃規制がないことや、犯罪の多さ、食事のバラエティの無さ(偏見かも知れませんが、ハンバーガばかり
というイメージ)で、まったく選択肢の中にありませんでした。
永年勤続の慰安旅行ということで、半分しぶしぶ夫に従ったわけです。ビクビク・・・


JAL_B機内


なんということでしょう! JALのサンフランシスコ便(ビジネス)は個室で完全フラット。
お隣が誰であっても全く気にせずに好きな映画やゲームしながらの9時間10分間を
過ごせるようです。 それはすごいラッキー!! 幸先良いです (^^)//""""""パチパチ


というわけで、お食事もゆったりと楽しめました。
これからハンバーグばっかり!との思いから私は和食をチョイスしました。


機内食1


機内食2


機内食3

あるホームページでサンフランシスコの全日空便のビジネスクラスの和食の
紹介を見ていただけに、チョットがっかり。
しかも、朝食も和食をチョイスしたら、朝から昨日のステーキの残りのような一品が
出て、更にがっかり。 朝はやっぱりお魚が良かったんですけど。


機内食4


お味噌汁も具がインスタントぽくって、ちょっと興ざめ。
唯一御飯が炊き立てで美味しかったです。 機内でちゃんと炊いて下さってるのでしょう。
JALのCAの皆様は腰が低くて、ややサービス過剰のような気がします。
何だか余りにも心配りが行き届き、かえって居心地が悪かったような。

いえいえ、軽~く主婦としてここまで尽くせないとジェラシーというか、CAさんに
傅かれるのが女性として勝手に憤慨していました。
家庭じゃ、ここまで夫にする人いないからぁ~。(飛んだとばっちりですね、ごめんなさい)


あ、それに余り美味しそうに見えないのは私の腕と、デジカメの品質の悪さが大きいです。

公式サイトのメニューで見ればこちら (JAL機内食 ビジネスクラス) のようです。


ついでにちょっと比較してしまいましたが、同様のツアーでANAでいらした方のブログを拝見したら
ANAの2月の機内食はとても美味しそうです。大体器も気を使っていて、地上の懐石料理店で
出されるものと遜色ない感じです。うぅ・・・残念!


というわけで、食レポはまだまだ続きます。
でもその前に、どういう経路を辿ったかということをご紹介します。
先程のブログの方のケースと相当似たルートでした。お写真も含めリンク先の
説明の方がずっとリアルで、旅行先の紹介が詳細で素晴らしいです。
とまとの方は、ぐっと偏見ととまとテーストであること、申し添えておきます。


1日目 成田からサンフランシスコ (9時間10分) → フェニックス(1時間56分) → ホテル泊 (9919歩 7.3km)
2日目 ホテル(370km) → グランドキャニオン観光(200km) → ページ (ホテル泊) (8638歩 6.3km)
3日目 ホテル(200km) → レイクパウエル(ホースシューベント観光 → モニュメントバレー観光
     → ページ (ホテル泊) (8845歩 6.5km)         
4日目 ホテル(15km) → アンテロープキャニオン観光 → ザイオン国立公園観光(200km) → ラスベガス   
     (280km) → (徒歩) 噴水ショー見学  (16504歩 12.2km) (ホテル泊)
5日目 ホテル(200km) → デスバレー観光(200km) → ラスベガス ホテルにてマジックショー見学 
     (13399歩 9.9km)
6日目 ホテル(450km) → ルート66 → セドナ観光 (200km) → フェニックス泊 (8038歩 5.9km)
7日目 ホテル → フェニックス → サンフランシスコ(2時間16分) (5634歩 4.1km)
8日目 → 成田へ帰国(11時間10分) → (1883歩 1.3km)


さて、ここで息切れしたので、また次回に続きを。 なるべく早く続きを書きますね。
では、また。


0287.jpg


間が空くにも程がある <お節の話題> - 2017.04.01 Sat


どんだけ放置しておくのかと、たぶんもう期待されていないと反省しきりのとまとです。

そおっと更新しておきますね、こんにちは。


実は旅行に行ってました。 旦那様と仕事でなくツアーでアメリカ西部の国立公園めぐりでした。
とても楽しかったんですが、そのお話は次にしておきます。


だってぇ、考えてみれば予告していたお節の話も、飛ばしちゃったし、
色々な話題は全て飛んじゃって・・・ 一挙に海外旅行ではさすがにぶっ飛びすぎでしょう?


だから今回は、取りこぼしの話題からしますね。 (今や季節外れですけど)


でも、もう今日から4月です。 今更お正月もあり?!
いや、幸いまだ寒いし、明日からはきっかり気持ち入れ替えますが、
ひとまずエイプリーフフールのつもりで、お正月の続きから行きましょう!


今年は例年と違いふるさと納税でお節をチョイスしました。
きっと今後のご参考になると思い、載せます。
いずれもあくまでふるさと納税の返礼品ですから、寄付したわけで
自分でお節を買ったわけではないので、その点を注意してください。


北海道の稚内市は2万円のふるさと納税額で返礼品のお節はHPで
このように映ってました。


ふるさと納税4

で、実際の返礼品のお節は


稚内おせち2


栃木県大垣市は6万円の返礼品のお節は

ふるさと納税5


で実際が・・・

大垣ホテルおせち



う~ん。お正月とても楽しみにしていただけに、落胆が激しく、やっぱり
タダで頂けるものにそんなに大きな期待をしてはいけません。
確認で電話をしましたが、大垣市の3段が2段なのは、6万円だからだそうで
7万円以上だと3段だそうです。


お味はどちらも大変美味しかったです。
ですので、今年は夫婦二人だけのお正月となった我が家としては
結局十分な量でしたので、不満はありません。

稚内おせち2


三國シェフのお正月膳は体調不良で来れなかった義母宅へ持っていきましたので
さらにちょっと寂しい感じですが、ま、いずれそういうことも多くなるでしょう。


アストロお節317


いや、違うから~。 君のも特別に色とりどり、栄養たっぷり、高級缶詰も混ぜました!



アストロお節17


(T_T)




お正月からこの扱い!!  今年は僕も反抗期に入るからね!
と言ったかどうか分かりませんが、しっかりお野菜だけ残しました。



アストロお節217



さて、こんなんで、次の旅行につなげていいものでしょうか? まだいろいろあったんだけど
もう時期も過ぎちゃったので、次回はアメリカ西部周遊の旅のお話にします。


(^-^)/


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

お気楽とまと

Author:お気楽とまと
2004年にブログをはじめました。
2004~2009年5月までシマリスのココちゃんと4人家族の暮らしぶりを綴ってました。
2009年8月にヨークシャー・テリアのAstro・cocoちゃんと暮らし始め,家族との日常を綴ってます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

株の話題 (37)
シマリス日記 (137)
旅行記 (33)
フラワーアレンジメント (21)
TVの話題 (18)
独り言 (49)
子育て・教育 (15)
食べ物の話題 (10)
記念日 (3)
映画の話題 (3)
旅行 (5)
病気と予防と健康と (2)
ヨーキー (28)
ペット (7)
Shopping (1)
昔話 (1)

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧


シマリス 新・りっちー物語

4コマ日記 ざれ言たわ言世迷い言

リチャードソンジリスのりく

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。