topimage

2017-04

2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <本編その1>  - 2017.04.23 Sun

やっと本編着手ののんびりとまとです、こんにちは。

そろそろなんか書いているんじゃないか?ってご訪問下さった方、有難うございます。
えぇ、こんなに良いお天気だったのに自宅引きこもりでやっと重い腰をあげて書いてます。
待ってて下さいね。ガシガシ書きますよぉ。
もぅ、ほとんど忘れちゃったけど・・・。 

 o(`ω´ )/(。-_-。)-☆


******************************


さて、今回の行程のおさらいから。

1日目 サンフランシスコ → フェニックス → JAL0002便 
2日目 ホテル → グランドキャニオン観光 → ページ (ホテル泊) (570km)
3日目 ホテル → レイクパウエル(ホースシューベント観光) → モニュメントバレー観光
     → ページ (400km)         
4日目 ホテル → アンテロープキャニオン観光 → ザイオン国立公園観光 → ラスベガス   
      → 噴水ショー見学  → ホテル泊 (495km)
5日目 ホテル → デスバレー観光 → ラスベガス ホテルにてマジックショー見学 →  
      → ホテル宿泊 (400km)
6日目 ホテル → ルート66 → セドナ観光  → フェニックス泊 (650km)
7日目 ホテル → フェニックス → サンフランシスコ 
8日目      → 成田へ帰国 (JAL001便)

でした。 しめて 2,515km走破 体力勝負!ですね。
(・・・ ドライバーさんが)

機内


帰路



いえ、ほんとに大丈夫か?と思ったのですけど、下の写真に見るような大型バスでした。
催行可能人数ぎりぎりの16人に1台でしたので全然余裕でした。一人が1列(4席)使えるし、
本当にトイレ休憩も含め、見どころ満載のツアーだったので若くない私達でも十分楽ちんでした。
ありがたや~。


DeathV4.jpg


さて、まずはフェニックスでのホテル、ホリデーインです。 デラックスさはないですが、
機能的ですっきりしたデザインで、旅の疲れを取るには十分です。ツインでゆっくり休めました。


Fenix.jpg

Fenix2.jpg


★ さて、お次は観光地の写真を一気に行きますね。まずはグランドキャニオンです。


GrandC1.jpg

夫婦で記念写真に納まりました。パシャリ!


GrandC3.jpg

GrandC2.jpg


やはりこういう自然は、スケールは日本にはないですね。 
どうしてこんな自然の造形が出来るんだろうかと、地質学者でなくても考えてしまいます。
自然は偉大だ!



次はページです。 どこもかしこも乾燥した荒野です。よくぞこんな荒れ地を開拓民は
わずかな装備で、旅したものです。


Page2.jpg

Page3.jpg


国立公園内のブライトエンジェルロッジの近くには、旅行者のおやつを狙って、野生のリスも
出現しました。



Page4.jpg



シマリスを飼っていた私たちにとっては、やっぱりシマリスが可愛く感じてしまいます。
ちゃんと食べてる?


Page5.jpg



★ ★  翌日はホースシューベント(馬蹄形に蛇行したコロラド川)の見学です。


ホースシューベント4


何でもない、普通の台地のように見えます。 テクテクテク・・・ 歩くこと15分 (約1km)突然現れます。


ホースシューベント


これまた絶景です。 足が竦むような・・・。 中国人の観光客の皆さんは大胆なポーズで
思いっきり端っこに行って記念写真を撮ってます


ホースシューベント3


ホースシューベント2


私達は、明らかにへっぴり腰です。 夫はかなり笑われてました。
でも、毎年数人落下してしまうそうです。 自己責任と言われましたが、
自然を甘く見てはいけません。


さて、お次は誰でも西部というと頭に浮かぶ、あの風景ですよ。 
「モニュメントバレー」ですね。


モニュメントバレー2


モニュメントバレー3


夫が絶景ポイントで騒いでいますが、聞こえません。
最高の絵となると思っているかもしれませんが、しょせん誰だか分かりません。
貴方は自然の中では、単なるありんこさん並みです。


Page.jpg

道中、スキーリゾートになるという山も遠目に眺めました。
なんと、雪が結構降ってきたりで、天候がくるくる変わりビックリです。
砂漠地帯かと思えば、険しい山岳地帯になり、自然の厳しさを教えてくれます。

全体像を見るのであれば、ぜひこちらをご参考下さい。

モニュメントバレー




0423.jpg


もったいぶっているのではなく、もう疲れてしまいましたので、今晩はここまでで許してね。
では、またね。 (*´ω`)┛



スポンサーサイト

お留守番 - 2014.08.26 Tue

アストロ君どうしているかなぁ?とそればかりが気になっている、シャルルドゴール空港で
5時間つぶしのとまとです。今晩わ。


またまたダンナ様のお仕事について来てしまいましたよ。
アストロ君、騙し討ちのようにペットホテルに連れていったから怒ってるだろうなぁー。


ぬいぐるみ1


ダンナ様の隣りで仕事をじっと待ってるアストロ君の姿を、思い浮かべてます。
ちょっと1週間は長いけど、お土産買って帰るから待っててね。

ダイニングで4

フランス・イタリア旅行まとめ編 - 2014.05.18 Sun

いつまで伸ばしてるの?と,気の長い友人にも呆れられてるとまとです。
こんばんは。


髪じゃありませんよ。ブログの旅行記のことです。
一気に描き上げる根性がないので,つい延ばし延ばしですいません。
もう忘れて頂いて構わないんですけど,尻切れトンボは得意なので…。 
( - -)/☆(*_*)!


さて,何から書くつもりだったかあやふやですが,フィレンツェのジェラードからにしましょう。
何しろどのお店にもてんこ盛りのジェラードが並べてあって食欲をそそるというか,ほんとにこんなに1日で捌けるの?と疑いたくなる量でした。
ま,私達が訪れた時は薄ら寒いからジェラードガッツリ食べる気にならなかっただけですが…。
主人はワッフルにベリー味のジェラードがサンドされてるのを,私はピーカンナッツのジェラードを注文しました。

shop9.jpg
shop8.jpg

寒っい! 店内にはストーブが・・・。 でもとても食べきる気にはなれず,結局2口3口食べただけで,そのままお店に置いて退散してきてしまいました。
やはりジェラードは夏がいいですよ。 _| ̄|○|||
イタリアの方って,この寒さでもジェラードお好きなんでしょうか?

フィレンツェに何しに行ったのかといえば,美術館巡りです。
主人がずっと見たかった『ウフィツィ美術館』や『アカデミア美術館』で,教科書でお馴染みの超有名絵画や彫刻を見よう!という訳でした。

1024px-Sandro_Botticelli_-_La_nascita_di_Venere_-_Google_Art_Project_-_edited.jpg

主人は良く行くファミレスのサイゼリアに掛けてあるボッティチェッリ作「ヴィーナスの誕生」(レプリカ)に痛く感動していたので,本物を見てとっても満足していました。 画像は,サルヴェスタイル美術館さんからお借りしております。

いや~,しかしイタリアはどこへ行っても街そのものが美術館ですよね! 最初はいちいち感動していても,もう訳が分かんなくなる位至る所に素晴らしい絵画と彫刻ばかりなので,無感動になっちゃうのが恐ろしい!
まともに全て見ようなんてこと考えたら,とても1日では時間が足りるわけ無いです。

Firenze2.jpg


そうそう,有名なヴェッキオ橋の上ではなんだか怪しげな(?)宝石店がものすごい数軒を連ねていますね。
あまり貴金属品に興味のない私でしたが,さすがに圧倒されました。

shop10.jpg


見るとも無く見入っていましたが,隣でダンナ様が焦ってました。長居は禁物とでも思ったのでしょうか?
もうひと押しすれば,実は記念に買ってくれた? ナイナイ!


さて,フィレンツェの後はパリに戻って,ダンナ様のお仕事関係の方と会食などしました。
でも,フランス語話せない私はニコニコ笑ってるだけの悲しいお人形さん。
お食事だってとても美味しいんですけど,会話に入れない砂を噛むよな味気なさ~。
やっぱりフランス語勉強し直そうかなぁ~。 グスッ!

順不同でひたすら食事の写真を載せてオシマイにします。
やっぱりとまとは食い意地だけだったなぁ~。

dinner6.jpg

dinner7.jpg

procoph.jpg

このお店はLe Procope(ル・プロコプ)というナポレオンも食べたという歴史あるレストラン。
私はタルタルステーキ,ダンナ様はポワソンを頼んでました。


Dinner4.jpg

Dinner3.jpg


lunch-Monsan.jpg

これはモン・サン・ミッシェルのところで有名なフワフワオムレツ。美味しかったです。


そうだ! あとこれはどうかと思うけど,イースターが近いせいか卵やら魚やら,タコやらのこれまた妙なフォルムのチョコレートが店内に並んでました。どう見ても食欲沸かないけど,子供は喜ぶんですかねぇ~。

choco2.jpg

choco3.jpg

choco1.jpg


あ,それから漫画喫茶ありました。マンガ(MANGA)って日本のマンガばかりじゃない!
既に世界のスタンダードですかね?

manga.jpg

では,またね!

まだまだイタリア便り - 2014.04.13 Sun

Rome2.jpg
やっぱり筆とおしりを上げるのが遅いとまとです。こんばんは。


もしかして前回のお話,忘れちゃいました? ですよね~。
イタリア・ローマの旅行で見つけたカフェ・グレコのお話からです。
と言って,トレビの泉での写真を載せるのはなぜ?ッて言わないでね。
まず雰囲気,雰囲気~。

Wikipediaによると,

「アンティコ・カフェ・グレコ (Antico Caffè Greco) は、1760年にイタリア・ローマのコンドッティ通り86番地で開業した歴史的なカフェ。ローマでは現存する最も古いカフェとして知られていて、イタリア内ではヴェネツィアの カッフェ・フローリアン(1720年創業)だけがグレコよりも古い。歴史的な著名人たちがこのカフェでコーヒーを飲んだ。アンデルセン,ゲーテ,メンデルスゾーン ・・・(略)」

て書いてあります。まぁ,とても由緒あるカフェのようです。
この私,σ(・・*)が見つけたんです!
ダンナ様は既にへばっておりまして,(それまでさんざウィンドショッピングに引き回されて?)

「カフェ見つけてきて!」

と厳命されました。そこでわたしが偶然見つけてきたわけです。
 「でかした!」 と褒められました。珍しい~!!


入り口の左側はケーキ類が,右はスタンド・バーのようなカフェでした。
とても奥が深いので一見すると普通のお店?!と見間違いますが,中に
ズズイ・・・・と入ると,その室内の雰囲気に圧倒されます。


cafegreco5.jpg


例えば,これはアンデルセンの手紙。いや,中身は読めませんよ。
ダンナ様がふんふん読んで,


「これ!すごいよ~!! 
アンデルセンの自筆の手紙だ!」



cafegreco7.jpg


なんて,興奮してる訳ですが,やがて至る所にWikipediaにあるように著名人の手紙やら,写真やら,絵画が飾ってあるを発見して次第に奥様が如何に偉大な発見者であるかに気がついたのでありますコホン❣

cafegreco8.jpg
cafegreco9.jpg


まぁ,そんなこんなで美味しいカフェにうっとりしておりました。
お向かいのカップルが親切にも写真を撮って下さったのがこの1枚です。
良く見れば自分たちの後ろにも立派な絵画があったんですがね。
これはどなたの作なのか結局確認し忘れました。もったいない。

カフェグレコ2



さて,夜もふけてしまいました。この続きはまた次かな?
フィレンツェ編に移りましょうね。
下の写真はイタリアと言わずパリにもあったような,サンドイッチ屋さん。
あれこれ中身を指示しなくてもそのものズバリを買えるので助かります。


shop6.jpg



じゃ,次回はフィレンツェのジェラード屋さんの話からしますね!
おやすみなさい。

shop7.jpg

イタリア便り - 2014.04.12 Sat

旅行は気合と体調管理が大切だと,思い知らされたとまとです。こんにちは。

初夏の陽気になったり,一気に冬に逆戻りしたり,皆様体調管理は大丈夫でしょうか?
とまとも消費税上る前にクリーニングにコートを出さなくて良かったと,悔し紛れに思ってる今日このごろです。


春を先取りしたオシャレさん,風邪などひいておりませんか? 
(ちょっと性格悪いところ出ちゃいました 


さて,前回の続きですが,とまとの旅行記は一気にイタリア編に突入です。
え?! パリはもうお終い? イエイエ,ただイタリア編をコピっと書いてそれからパリにまた戻ります。とまと飽きっぽいので気合い入れ直します!


のっけからですが,とまとはローマに着いた途端に熱出してホテルで寝込んでしまいました。
ダンナ様もガックシ!

「あ~ぁ,君の場合は,知恵熱だなぁ~!!」 ムムム (-_-)


でもローマは医療事情が悪いようです。
ホテルでダンナ様が近くの病院までの経路を聞いたら,
「公立病院はどれくらい待たされるかかわからないし,信頼出来ない。私立病院の医師を呼べるが,呼ぶだけで36000円位かかるが良いか?」
と言われたとか。結局近くの薬屋さんを紹介されたそうです。

で,ダンナ様が買ってきたのが
 
Rome1.jpg

昔懐かしい水銀体温計。緑の羽をブンブン振り回して水銀を下の目盛まで引き下げるタイプ。
え~,え~,やりましたよ。久しぶりに。
でも,読めない!! これってほんとに表示されてるの? それとも私の熱がない?!
ダンナ様もしてみたけど,表示全然分からず。
私の感覚では38度台はあるけどなぁ~。
まぁ,日本から持ってきた解熱剤で何とか1日半で直しました。ん, 気合です!!


ところで宿泊したのは,ヘップバーンがジェラード食べながら歩くシーンで有名な
スペイン広場

hotel8.jpg


ではなく,その真上にあるホテル。町に上がり下りする度に,ヘップバーンの気分です。ボンジョルノ~ オホホホホ・・・。

でも実際私が外を歩くときは寒くって,人気の少ないこんな時。熱も出ますって~。

Spain坂


そうそう,焼き栗も食べました。5ユーロ。んーーー,800円ぐらい? 
勢いで買ったけど美味しくなかったので失敗でした。(-_-)

maron.jpg


ホテルのフロントにある妙なオブジェ(銅像)がなんとも不思議?
ローマ人の双子を救った狼なんだそうです。ちょっと微妙。


hotel3.jpg


とまとが熱でうなされてぶっ倒れているので,ダンナ様は仕方がないのでバチカンやら,ローマの美術館やらをお一人で観光してきたそうです。それは何よりでした。あとで文句言われちゃ切ないしね。


そうそう,スペイン広場の前の通りはブランド店が軒を連ね,見るからにお高そうなバックや靴などがゾロリ。
そこを歩く人もなんだかメチャおしゃれ。ブランド品をこれでもか!って身にまとってる。
イタリア人はまず足元から見るそうですね? ほんとに高そうな靴ばかり履いてらっしゃる。
男性もカッコいいですね!黒が基調でみんなバリっと着こなして。
お,私達もコート着てれば黒だからボロが目立たない! 
ん,コート着てましょ!てんでコート手放せませんでした。

さて,少々長くなったので,次回は偶然入ったカフェ・グレコのお話しからしますね。カフェ・グレコは1760年から創業しているイタリアで2番めに古いカフェなんですって!ひとまず写真だけ載せておきます。

では,またね。

cafegreco2.jpg cafegreco.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

お気楽とまと

Author:お気楽とまと
2004年にブログをはじめました。
2004~2009年5月までシマリスのココちゃんと4人家族の暮らしぶりを綴ってました。
2009年8月にヨークシャー・テリアのAstro・cocoちゃんと暮らし始め,家族との日常を綴ってます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

株の話題 (37)
シマリス日記 (137)
旅行記 (23)
フラワーアレンジメント (21)
TVの話題 (18)
独り言 (46)
子育て・教育 (15)
食べ物の話題 (10)
記念日 (3)
映画の話題 (3)
旅行 (12)
病気と予防と健康と (2)
ヨーキー (26)
ペット (8)
Shopping (1)

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧


シマリス 新・りっちー物語

4コマ日記 ざれ言たわ言世迷い言

リチャードソンジリスのりく

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com