topimage

2017-04

2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <食事編その2>  - 2017.04.15 Sat

書く書くと言ってやっぱり1週間たっちゃった、誰にも期待されていないとまとです、こんんちは。
どなたか見ていて下さるんですかね? もし、こんなブログでも楽しみにして下さる方がいたら
筆が遅くて済みません。

さて、前回の続きです。 
そもそもなぜ2500kmのバス旅行なんてハードなものを選択したのかは、
実は想定外だったのです。開けてびっくりバスの旅。
あまりに無頓着な、日程中心で申し込んだというオチでした。

きっと若い人が多い、ハンバーガーばっかりのツアーかな?と
普段の運動不足を心配しながらの参加でした。

前置きはさておき、ハンバーガーばっかりではありませんでしたよ。
食事はほぼ全部付いていたので、自分たちで食べなければならないのは
3~4回ぐらい。だから意外と私たちが選んだものの写真はありません。
お任せでしたが、どれも美味しく頂きました。ツアーのスタッフのチョイスはグー!
でしたね。


さて、初日の夕食は疲れていて、なんだか何を食べたのか?
各自となっていたので、ホテルでの簡単な夕食を取った気が・・・。
のっけから写真なしです。

ツアーって朝が早いのですよね。朝食も簡単なビュッフェだったので再びパス。
と言うわけで、昼食からです。

グランドキャニオンの雄大な景観を堪能した後、お決まりのグランドキャニオンビール!

grandC_beer.jpg


そして、お決まりのハンバーガ!とフライドポテトどっさり!!


昼食2


夕食はホテルに到着前にレストランで。 サラダ、お魚のムニエル、チョコレートケーキです。


夕食1


夕食2


夕食3


ま、アメリカの食事は期待していませんでしたが、普通においしく頂きました。
繊細さはありませんけれど、日本人にはなじみのある味ですよね。



3日目も同じホテルだったので、朝食はビュッフェで写真なしです。
ツアーは朝食ゆっくりなんて頂いておれません。だからかき込むようにパンとコーヒと
軽くベーコンとスクランブルエッグ程度。写すほどのものではありません。


お昼はコロラド川のホースシューベント(馬蹄形の蛇行した絶壁)を観光した後、レストランで。
ネイティブアメリカン(先住民族)の伝統の味、「ナバホ料理」なるものです。


夕食5


見た目サラダのようですが、下にパン生地とチリソースのひき肉が入っていてそれなりに美味しいです。
でも、どうやっても上手に食べられない。ナイフとフォークでも悲惨に散らかりました。


そのあとモニュメントバレーを見学し、レストランで夕食後ホテルに戻りました。


夕食7


おっと、なんとサラダだけで、メインもデザートも撮り忘れです。お疲れだったんですね。
ここまで既に1,170km走破してます。 いや、ドライバーさんご苦労様です。


で、案の定朝食は写真ありません。写すほどのものは無いですし。
バスで15分のアンテロープキャニオンへ。その後200km走ってサイオン国立公園へ。
そこでレストランで食事です。

ハイ! 当然のこと、ハンバーガーにポテトチップスです。
こうなったらビールやワイン飲めれば幸せです。
ジューシーでとってもおいしいハンバーガでした。 
ハンバーガー堪能してますよ~~!


昼食1


更に280km走りついにラスベガスへ。
ラスベガスの宿泊は

LasV9.jpg

忽然と現れたピラミッドのルクソールです。詳しくは次回に。
で、そこでの夕食はビュッフェです。すごい種類と広さに圧倒され、メチャクチャ食べました。
でも、気づいたら取っていた写真はこれだけ。はぁ~!!


夕食6


さて、気を取り直して。
翌日はモーニングコールに油断して朝食抜きになってしまいました。
また写真なし。

再び200km走行してデスバレー国立公園を観光しお昼はバスの中でお弁当
(本当に日本の幕の内弁当)でした。嬉しい日本食に食べてしまってから
写真ハタと気づく情けなさ。 幕の内弁当をご想像下さい。

更に夕食はルクソールの中のイル―ジョン
「Criss Angel MindFreak Live」を見に行ったので
これまたカフェで軽くすまし写真なしです。


sweet.jpg


で、これはショーを見終わった後、お口直しにデザートを自分で作るヨーグルトスタンドで。
トッピングを色々選べて(自分で入れて)重さを測ってお支払いするんです。
ちょっと面白かったです。 お値段は$6ぐらい。リーソナブルですね。


さて、朝食またパスでサンドイッチを買ってバスに乗り込み450km走ってセドナです。
途中レストランで、またまたハンバーグ。 私はチキン。


昼食3


昼食4



そして最後の夜のレストランの食事、あろうことか、1枚だけ。やってしまいましたよ。
今や内容も思い出せない。何だったかしら?ステーキだったかな?
ま、アメリカですから、がっつり頂きました。


昼食5


最後は機内食です。実は帰路の夕食を撮り忘れ、朝食のみです。

朝食2


やっぱり日本食はお魚じゃなくっちゃ! ごはんが炊き立てでとってもおいしくて、
それだけで幸せな気分になりました。
やれやれ、この膨満食事のお陰で、2.5㎏も太ってしまいました。
今、ダイエットに日々励んでおります。


お忘れ?


大丈夫よん! いっつも君のこと気にかけていたから~。 
次回は観光した場所のあれこれです。 では、また。


スポンサーサイト

2500kmバスの旅 (アメリカ西部) <食事編その1> - 2017.04.09 Sun

桜がやっと咲きそろったと思ったら、もう雨で花見をし損ねたとまとです、こんにちは。
んー、まったく容赦ないお天気なんだから。
皆様は花見に行かれましたか? 肌寒い日が多かったので風邪などひきませんでした?


さて、お約束のアメリカ西部周遊の旅8日間、観光ツアーの始まり始まり~です!





とまとは観光ツアーで夫と海外旅行をしたのは初めてです。
出張で海外に出掛けることが多いので、とまとはもっぱらその便乗ばかり。
現地ツアーを楽しむことはありますが、気難しい夫が果たして長期間いい子で
添乗員さんの言うことを聞いてくれるのかいささか不安でした。
女性はすぐに打ち解けられても、殿方はなかなか馴染めないものですよね。


でも結論から言えば、大正解でした!!
ツアーコンダクターの方は本当に行き届いていましたし、参加された皆様が
良い方ばかりで、とても楽しく、そしてコストパフォーマンスが抜群でした!!
本当に、こんなに至れり尽くせりで、「てるみクラブ」みたいなことは
ありませんよね? ほんとに元は取れているのか心配になりました。


クラブツーリズム最高でした!


ご同行の皆様、そしてスタッフの皆様、お世話になりました。有難うございました。


さて、アメリカ西部周遊旅行、実はとまとはアメリカ苦手です。
銃規制がないことや、犯罪の多さ、食事のバラエティの無さ(偏見かも知れませんが、ハンバーガばかり
というイメージ)で、まったく選択肢の中にありませんでした。
永年勤続の慰安旅行ということで、半分しぶしぶ夫に従ったわけです。ビクビク・・・


JAL_B機内


なんということでしょう! JALのサンフランシスコ便(ビジネス)は個室で完全フラット。
お隣が誰であっても全く気にせずに好きな映画やゲームしながらの9時間10分間を
過ごせるようです。 それはすごいラッキー!! 幸先良いです (^^)//""""""パチパチ


というわけで、お食事もゆったりと楽しめました。
これからハンバーグばっかり!との思いから私は和食をチョイスしました。


機内食1


機内食2


機内食3

あるホームページでサンフランシスコの全日空便のビジネスクラスの和食の
紹介を見ていただけに、チョットがっかり。
しかも、朝食も和食をチョイスしたら、朝から昨日のステーキの残りのような一品が
出て、更にがっかり。 朝はやっぱりお魚が良かったんですけど。


機内食4


お味噌汁も具がインスタントぽくって、ちょっと興ざめ。
唯一御飯が炊き立てで美味しかったです。 機内でちゃんと炊いて下さってるのでしょう。
JALのCAの皆様は腰が低くて、ややサービス過剰のような気がします。
何だか余りにも心配りが行き届き、かえって居心地が悪かったような。

いえいえ、軽~く主婦としてここまで尽くせないとジェラシーというか、CAさんに
傅かれるのが女性として勝手に憤慨していました。
家庭じゃ、ここまで夫にする人いないからぁ~。(飛んだとばっちりですね、ごめんなさい)


あ、それに余り美味しそうに見えないのは私の腕と、デジカメの品質の悪さが大きいです。

公式サイトのメニューで見ればこちら (JAL機内食 ビジネスクラス) のようです。


ついでにちょっと比較してしまいましたが、同様のツアーでANAでいらした方のブログを拝見したら
ANAの2月の機内食はとても美味しそうです。大体器も気を使っていて、地上の懐石料理店で
出されるものと遜色ない感じです。うぅ・・・残念!


というわけで、食レポはまだまだ続きます。
でもその前に、どういう経路を辿ったかということをご紹介します。
先程のブログの方のケースと相当似たルートでした。お写真も含めリンク先の
説明の方がずっとリアルで、旅行先の紹介が詳細で素晴らしいです。
とまとの方は、ぐっと偏見ととまとテーストであること、申し添えておきます。


1日目 成田からサンフランシスコ (9時間10分) → フェニックス(1時間56分) → ホテル泊 (9919歩 7.3km)
2日目 ホテル(370km) → グランドキャニオン観光(200km) → ページ (ホテル泊) (8638歩 6.3km)
3日目 ホテル(200km) → レイクパウエル(ホースシューベント観光 → モニュメントバレー観光
     → ページ (ホテル泊) (8845歩 6.5km)         
4日目 ホテル(15km) → アンテロープキャニオン観光 → ザイオン国立公園観光(200km) → ラスベガス   
     (280km) → (徒歩) 噴水ショー見学  (16504歩 12.2km) (ホテル泊)
5日目 ホテル(200km) → デスバレー観光(200km) → ラスベガス ホテルにてマジックショー見学 
     (13399歩 9.9km)
6日目 ホテル(450km) → ルート66 → セドナ観光 (200km) → フェニックス泊 (8038歩 5.9km)
7日目 ホテル → フェニックス → サンフランシスコ(2時間16分) (5634歩 4.1km)
8日目 → 成田へ帰国(11時間10分) → (1883歩 1.3km)


さて、ここで息切れしたので、また次回に続きを。 なるべく早く続きを書きますね。
では、また。


0287.jpg


北海道に来ています♪ - 2015.09.04 Fri

珍しく実録、即日報道を実行している🍅です。こんばんは。

本日は北海道登別からのご報告です。 お天気今一ですが、気楽な友人との旅を楽しんでいます。
積丹半島の女人禁制の神威岬、ニッカウィスキーの余市そして御樽と沢山移動と見学と散歩もしました。

女人禁制神威岬3

女人禁制神威岬2

余市2

余市

何しろ北海道の食いしん坊旅行ですので、ご馳走ばかり。あ~、おいしいものは体に毒です。
くわばら、くわばら。

海鮮丼

今夜は登別温泉で宿泊です。硫黄温泉で源泉かけ流し。幸せぇ~!!

ベニス・スロベニア旅行 - ワンコと食事編 - - 2015.08.31 Mon

珍しくやる気マンマンのとまとです、こんばんは。


そう、もしかすると本日2回目の更新を目指しています。
でも、早もう眠いから撃沈するかも・・・です。


ベニス・スロベニア旅行もいよいよ最後、ワンコと食事についてダダダ・・・と
一気にご紹介していきましょう!  


何しろとまとは無類の動物好きですから、旅行中もどうしたってワンコや
自然の中にいる鳥とか小動物に目が行ってしまします。
ここでは、そんな旅行先で出会ったワンコちゃん達の写真です。


ワンコ




ワンコ3

ワンコ4

ワンコ5

ワンコ11


以上がベニスで出会ったワンちゃん。そして下がスロベニアでのワンちゃん。 やっぱり変わったワンちゃんいました。
ワンちゃんも一つとして同じ出会いはないですから、いやぁ~、楽しいです。



ワンコ9


ワンコ10


ワンコ12


でも、どうして人懐っこくていい子にしてられるのかしら? アストロ君は知らない人には至ってご機嫌
斜めで、愛想ないからね~。


さて、次はお食事編です。こちらもただひたすら載せます。 こちらは順番も分かんなくなっちゃったので
順不同ということでお許し下さい。 ヤレヤレ ┐(´ー`)┌


まずは朝食編。 ホテルでの食事となりますが、どれもそこそこ充実して美味しかったです。


朝食


朝食4


朝食3


次はランチです。 こちらは色々なところで食べました。でも、もうお店の名前も忘れました。
まぁ記録と思って記載します。

ランチはたいていはサンドイッチなどの軽食で済ませますが、時に素敵なレストランを見つけて
しっかり頂くこともあります。たぶんブレッド湖でのレストランのものとベニスでのどこかの
レストランだったかなぁ~? 記憶があやふやで済みません。

lunch9.jpg


lunch10_20150831095706f33.jpg


lunch7.jpg


lunch8.jpg


lunch6.jpg

以上がブレッド湖のレストランでのものです。 郷土料理 (Local Cuisine)をお願いして、いつも
意外な組み合わせや、食べたことのない食材を頂いたりしています。
スロベニアの特産チーズやら、キノコのスープ、お餅を思わせるちょっと不思議なデザートなど
いずれもとてもおいしかったです。主人はとんかつみたいなスニッツェル注文してました。


さて、次はたぶんベニスのどこかのレストランのランチです。まぁ、イタリアですから~。

lunch.jpg


lunch5_20150831102502808.jpg


lunch2_20150831100111d30.jpg

lunch4_20150831102500ec7.jpg


lunch3_20150831102501130.jpg


dinner.jpg


dinner2_20150831102506fa7.jpg


dinner4_20150831102942345.jpg


dinner3_201508311029448e0.jpg


dinner5_20150831102941ce2.jpg


以上でございます。 
何だかな~。 これといって強烈な記憶に残ってないということは、まぁそんな有名なレストランに 
行ってないからですよ  旦那様!


ご本人本日からまたパリにご出張です。 2週間お帰りになりませーーん。
さて、鬼の居ぬ間にσ(^^)も北海道旅行行ってきま~す。 


ベニス・スロベニア旅行 - ベニス編 - 2015.08.30 Sun

続くと言いつつ、続かないのが常のとまとです、こんにちは。


さて、今回はベニス編です。え? スロベニア編はもう終わっちゃうのって?
だから~、 去年の出来事なので、もう細かいこと覚えてないんです。
忘れて下さい。 自分のダメさを呪います。 あ~ぁ。


スロベニアからベニスに行くには意外と不便です。山越えのバス(見かけ乗合タクシー)で国境を越え、
イタリアへ入国します。記憶が定かでありませんが、たぶんGorizia Centrale駅から電車でベニス
(Venezia Santa Lucia駅)に入ります。
結構な行程で、これもとっても、と~っても不安でした。
勇気のある方、お勧めしませんがお試しください。
車窓から海に浮かぶ長い鉄道を走りつつベニスに向かうのはなかなかです。
 

ベニス4



そんなこんなで兎も角ベニスに到着。そこからは主要な交通手段は水上バスという、要は平たい船ですね!
ホテル近くの停泊所を確認してチケットを購入。ツアーじゃないとほんとホテルに行くのも大変!



ベニス2


ホテルの部屋の窓を明けるとやっぱりこんな景色が・・・。んー、別世界。
ハタと見れば既に心労で撃沈しておりました。 分かるわ~。


ベニス5



ところで、ベニスと言えば「水の都」ですよ! やっぱりゴンドラでしょ!


ゴンドラ


うずうず・・・ 乗りましたぁ~。

ほんとはどなたか同乗者がいれば安く上がるのですが、
カップルは当然一緒に乗りたがらないし、ツアー客はグループで乗るしで、お高い自腹でした。
でも、ゴンドラの船頭さんを独占できるってまぁ、ロマンチックですよね~。


ゴンドラ2


船頭さんカッコいいでしょ? とまとこんな目つきになってました?
いえいえ。旦那様にうっとりしてたんですよ~。(そういうことにしておきましょう!)


ゴンドラ3


ゴンドラの反対側です。装飾が凝ってますよね~。どのゴンドラも値段は変わらないので
本当はもっと贅沢な感じのに乗りたかったなぁ~。凄く素敵なの沢山ありました。
確かゴンドラ一艘 500万円とか、1000万円とかするって言ってました。そんなに稼げるんでしょうか?
他人事ながら心配になりました。


マルコ広場


有名なサン・マルコ広場です。ここにはフィレンツェの旅でもちょっと話題にした由緒ある
カッフェ・フローリアン(1720年創業)があります。ちょっとお茶してきました。
内装が凄い! 壁のいたるところが絵画で埋め尽くされています。


マルコ広場3


ちょっと外が暑すぎて、カフェ・カプチーノはあまりおいしく感じませんでした。アイスコーヒーなんて
あるわけないし、こんなところでヒンシュク買うことはできません。旦那様はワインです。
あ~、その手があったわよね。


マルコ広場4


サン・マルコ広場はとても賑やかですし、夕方ともなればレストランが所狭しとばかりに素敵なイスと
テーブルを広げますので、更に華やかになります。
広場ではそんな客目当てに仮装舞踏会用のマスクが、あちこちで売られています。
多くはお土産用ですけどね。ちょっとグロテスクでもあるので(嵩張るしね)止めておきました。


マルコ広場2


べニスのもう一つのお楽しみは、オペラ鑑賞です。
日本ではなかなか高くて見に行けないオペラですが、本場では比較的リーゾナブルなお値段で
見に行けます。今回は特別な割引を利用して、な、なんと! バルコニー席
ベルディーの「ラ・トラビアータ La traviata」(椿姫)鑑賞したんです。


オペラハウス5


かなり貴重な体験です。きっとこれが最初で、最後だわ~~。
この興奮を分かって頂けるでしょうか?

オペラハウス2


オペラハウス6


オペラハウス3


ドレスアップして(?)、休憩にはシャンパンなぞ頼んで ・・・・ お酒が入ってコックリ居眠りしたなんて
ことはナイショです。 


このオペラ座(フェニーチェ劇場 Teatro La Fenice)は永遠の歌姫マリア・カラス(Maria Callas)に
愛されていた劇場としても有名です。廊下にはさりげなくマリア・カラスの肖像画があります。


オペラハウス7


お美しい・・・。 しかし私は2匹のプードルが気になります。
アストロココちゃん、ペットホテルでどうしているかしら? ちょっと心が痛みます。


と言う訳で、次回はワンコ・食べ物編でお届けします。
ひとまず、ここまで。 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

お気楽とまと

Author:お気楽とまと
2004年にブログをはじめました。
2004~2009年5月までシマリスのココちゃんと4人家族の暮らしぶりを綴ってました。
2009年8月にヨークシャー・テリアのAstro・cocoちゃんと暮らし始め,家族との日常を綴ってます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

株の話題 (37)
シマリス日記 (137)
旅行記 (23)
フラワーアレンジメント (21)
TVの話題 (18)
独り言 (46)
子育て・教育 (15)
食べ物の話題 (10)
記念日 (3)
映画の話題 (3)
旅行 (12)
病気と予防と健康と (2)
ヨーキー (26)
ペット (8)
Shopping (1)

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧


シマリス 新・りっちー物語

4コマ日記 ざれ言たわ言世迷い言

リチャードソンジリスのりく

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com